オフィスデザインを考えて内装を綺麗にしよう|働きやすい環境づくり

PCを操作する人

仕事をスムーズに

仕事をしていく上で行いたいのがオフィスレイアウトです。このオフィスレイアウトをしていくと収納や並びが良くなった結果、仕事がスムーズになり、作業の効率も上がっていくのです。

詳しく見る

社内

用途を理解し、工夫をする

パーテーションはさまざまなタイプのものがあるが、その用途を理解し、目的に合わせた用い方をすることで、職場内などの業務を円滑に行うことを演出することが可能である。また防音対策にもパーテーションは用いられ、機能的なオフィスを演出するために、工夫をすることが大切である。

詳しく見る

オフィスデスク

火事を防ぐための施工

オフィス配線の施工を行なう会社に依頼すれば、タコ足配線による火事のリスクを抑制できます。埋め込み工事も依頼できるので、会社の美観をよくするためにも依頼できるのです。電話回線などの工事のほか、LAN配線工事も頼めば、個別に依頼するよりも安く行なえます。

詳しく見る

事務机

オフィス引っ越しの準備

オフィス引っ越しはテキパキしたいものです。企業において、オフィスの引っ越しを行う際にはインターネットに関する準備も必要となります。インターネットに関する準備というのは、今まで使用していた回線を使用する手続きや、開通工事の依頼などがあります。

詳しく見る

オフィス

ビジネス空間の創出

オフィスビルにあってビジネスの場を創出するのにパーテーションは欠かせません。この現代版衝立を使うことによって、さまざまな用途からなるオフィス空間を自由自在に創出することが可能となります。パーテーションにも多くの種類がありますので、使用目的に合わせた製品を選ぶことが大切です。

詳しく見る

社内

様々な種類と効果

パーテーションには様々な種類と効果があります。種類としては、高さの低いものと高いものがあり、それぞれ環境や使用用途によって選ぶことができます。パーテーションには、ストレス軽減や作業効率を高めるなどの心理的効果もあります。

詳しく見る

室内

仕切りがある空間の良さ

パーテーションで仕切った室内なら仕事のやり取りもしやすくなるので、コミュニケーションもスムーズにおこなえるようになるはずです。パーテーションにはドア付きやすりガラス状の物もあるので、個室に近い感覚で使えることもあります。コストも安くすむので、完全な個室を用意するより負担が少なくてすむのもいい点です。

詳しく見る

オフィスデスク

オフィスで利用する家具

起業ブームである昨今は、オフィスを立ち上げる際に必要なオフィス家具も気軽に購入出来るようになりました。家具選びのポイントや利用するサイトのポイントなどを踏まえて選びましょう。

詳しく見る

事務机

椅子にこだわって選ぶ

近年では、オフィス家具をこだわって選ぶ企業が多くなっています。とくに、長時間椅子に座って作業を行なうデスクワークの場合、椅子にこだわって選ぶと社員の身体に負担を軽減させる事ができます。

詳しく見る

オフィスデスク

人の動線を確保する

働く際には人の動きが制限されない、最短の仕事が出来る動線を確保したオフィスが好ましいとされています。ですがら、オフィス家具を購入する際にはまずはじめに動線を確保してから選ぶのが良いとされています。

詳しく見る

事務机

利用しやすい通販サイト

近年では、数多くの通販サイトが登場したため便利に利用しています。利用しやすいオフィス家具の通販サイトのポイントは幾つかあるのでポイントをおさえて利用するサイトを選びましょう。

詳しく見る

日本のオフィス

オフィス

日本のオフィスレイアウトの変遷について

日本における、オフィスレイアウトというのは、日本独自の仕組みを考えて、進展してきており、諸外国のそれと違うものがあります。 まず年功序列の考えが一番深くあったこともあり、基本的には島型レイアウトを取って、その島に一つの部署の方が座っていきます。 島の上座に当たる部分にその部署の長が座り、そこから年功順に座って行き、一番遠いところが、若手社員が座るというものです。 ただしこの考えも、時代の流れに従い、単純に机を並べるだけではなく、個人の仕事が実行しやすいように、小さなパーティションを入れるようになってきたのです。 このような流れは、最近のオフィスレイアウトの基本となってきており、最近のオフィスはこのようなものが多くなってきているのです。

今後のオフィスのレイアウト動向について

日本においても、オフィスレイアウトを今後どのようにしていくかというのは、総務担当者の課題になってきています。 その中で出てきたのが、社員のコミュニケーション能力や業務遂行の向上、IT化の進展に伴い、オフィスレイアウトも、対応していくという考え方です。 その大きな特徴が、フリーアドレス制になっていますが、これはIT化に伴うペーパーレス化も一員になってきています。 また島型レイアウトの特徴も活かして、フリーアドレス制でも、役職者の席を固定するというのも、取り入れられています。 このような創意工夫の元、今後のオフィスレイアウトは、フリーアドレス制が基本になってくると考えられており、実際に導入事例も多く公開されてきているのです。