オフィスデザインを考えて内装を綺麗にしよう|働きやすい環境づくり

椅子にこだわって選ぶ

事務机

仕事の際に利用するオフィス家具は使用しやすさを一番に考えて選んだほうが良いとされています。
シンプルなオフィス家具のなかでもとくにこだわって選ぶべき物は椅子です。
現在は多くの企業がパソコンなどを駆使して仕事を行なうデスクワークが主流となっており、仕事中はほぼ椅子に座りっぱなしの状態になってしまうので、座りやすい椅子でなかった場合は腰や方に負担がかかりすぎて身体を壊してしまいます。
良いオフィス家具としての椅子は座りやすさや身体に負担のかからない設計の椅子を利用するようにしましょう。
すでに腰痛など患っている場合などは腰痛に優しい腰をサポートしてくれるような椅子を選択すると良いと言われています。
パソコンなどを操作しているとついつい画面に意識が集中して腰を痛めてしまう姿勢である猫背になってしまうのですが、ランバーサポート機能などは姿勢を矯正してくれるため猫背になりにくくなるので自然と良い姿勢を保つことが出来るようになっているのです。
腰部分の骨盤などをしっかりとサポートしてくれるような設計の椅子を選択すると腰痛などを患っている方でも大きな負担を腰に与える事なく仕事を行なうことが出来るのです。
また、アームレストの有無は疲労軽減に大きく関わって来ます。
アームレストなどはパソコン入力を行なう際に腕を支えてくれるため、上半身への負担軽減が期待できるのでパソコンを中心に仕事を行なうオフィスの場合はアームレストなどがある方が良いとされているのです。
以上のような点を踏まえて、オフィス家具である椅子を選ぶと働く社員の疲労などを軽減することが出来ます。